• 01

    【太田社長ってどんな人?】

    1974年、兵庫県神戸市に生まれる。 
    神戸大学を卒業の後、ベネッセコーポレーションに入社。 
    25歳の時に、病に倒れ生死をさまよう事態に。 2か月の入院と自宅療養を余儀なくされる。 自宅療養をしている最中に、『コーチング』と出会う。 
    CPCC(国際認定プロフェッショナルコーチ)の資格を取得。あわせて、キャリアカウンセリングを受講し、カウンセラーとしての力を身につける。
    2002年に前職を退社し、株式会社ピグマを創業。 これまでに170社を超える企業での経営会議の改革をサポートしている。
    趣味は瞑想とトライアスロンで、毎朝走ることが日課。※雨が降っていても傘をさして走ります。

  • 02

    【ピグマってどんな会社?】

    「よりよく、はたらく」人がイキイキ、組織がグングン成長してる、そんな会社を日本中に!

    「会議が変われば、会社が変わる」をテーマに、会社の実際の会議の現場で、言葉を変え、フォーマットを変えることで、人と組織が成長し、組織の成果を変えていきます。

    具体的には、マネージメントを仕組み化することと、マネージメント層向けのコーチングを提供しています。
    マネージャーがどういう言葉を発したり、どういうコミュニケーションを行うと、人は動き始めるのかをデザインしていきます。そして、組織の成果を変えていく、すごいやり方です。

    要は、普通じゃないやり方で普通じゃない成果出す会議を、すごいコーチが提供します。

    ~すごい会議とは?~
    米国で1975年に生まれた組織の本質的な問題解決に効果的なツールとして開発された会議手法です。
    米国では、アップル、P&G、ディズニーレコードなどの有名企業に多数導入実績があります。日本では、過去5年間の日本の働きがいのある会社トップ10のうち、過半数以上が導入しているやり方です。
    組織において日常的に行われる会議を、「経営の本質的な問題解決」を行うための手法として確立し、「今まで解決出来ないと思っていた問題を解決することが出来る」会議です。

    具体的には
    経営のトップを含むマネージメントチームとともに、半年から1年に渡って6回~12回のグループコーチングセッションを行います。会を重ねるごとに、このやり方を全社展開していきます。「計画」「実行」のグループコーチングに加え、必要に応じて一対一のインタビューも行います。
    計画から実行までを一貫性をもった状態で、高速でPDCAを回し、実行の量・質を高め、圧倒的な成果に違いを起こします。

    ■業務内容■
    ・コーチングスタッフ(マネージメントコーチ)
    一般的以上の成長を志す経営者様が叶えたい「未来」の実現を、マネージメントコーチとして、直接現場でサポートします。
    全国のキラリと光る企業様にお伺いして、経営会議の司会(ファシリテーション)を行い、成果にインパクトを起こすことが役割です。
    クライアント1社1社に目を向け、耳を傾け、本当に得たい成果を明確化し、その成果の実現のための支援を行います。

  • 03

    【どんな話が聞けるの?】

    ・なぜ起業したのか?
    ・病に倒れた時にどんなストーリーがあったのか
    ・創業1年目の売り上げは400万円。 どうやって成長企業にしたのか。
    ・共に働くメリットとは?
    ・働き方が自由なのはなぜ?

参加費 無料
イベント
開催日時
リクエスト受付中
イベント
開催時間
リクエスト受付中
服装 自由
開催場所
住所
アクセス

ENTRY

現在1人が
この社長メシに応募しています。